ひとつは身に付けていたい高級ブランド品

社会人として身につけていて恥ずかしくない腕時計ブランドを取り上げています。

おすすめの腕時計

ひとつは身に付けていたい高級ブランド品
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男性のアイデンティティともいわれる腕時計ですが、社会人になったらある程度の値段のものを持っておきたいものです。
予算としては30万円から50万円くらいというものが言われていますが、ボーナスで購入するという方が多くなっています。
ではどのようなブランドや時計を選ぶことができるのでしょうか。
まずポイントになるのが、アフターケアがしっかりしているという点、さらにそこそこ有名なブランドであるかどうかも重要です。
ではこの点に当てはまるおすすめのブランドとしてはどのようなモデルを挙げることができるのでしょうか。
まずおすすめできるのがオメガのスピードマスターになります。
値段的には20万円から40万円と、そこそこの値段設定になっているといえるでしょう。
NASAが正式に採用していることでも知られていますが、その質の高さでも注目されています。
また保証に関しては、正規品や並行輸入品でもオーバーホールにかかる料金が変わりませんので、比較的安心して購入することができるでしょう。
また同じスピードマスターでもデイト付きのものやムーンフェイズがついているものなど、さまざまな種類がありますので、そのなかから自分に合ったものを選べるというのが特徴になっています。
続いて紹介できるのがタンジェントのノモスになっていますが、これはオメガほどの知名度はないかもしれません。
しかし裏がスケルトンになっており、ムーブメントが見えるようになっていますので非常にきれいだというのが特徴になっています。
知名度の点では非常に高いタグホイヤーではアクアレーサーがおすすめです。
正規品・並行品共にオーバーホールの値段が変わらないというメリットもあります。
サイズが大きめのデザインになっていますので、大柄な方にはとくにおすすめできる腕時計だといえるでしょう。
デザインだけではなく、500メートル防水になっているほか、裏がスケルトンになっていますので、所有する喜びも味わえる一本になっています。
さらに高級腕時計の代名詞ともいわれているロレックスですが、エアキングは27万円から35万円ということで敷居は低くなっています。
オーバーホールの料金は上記に挙げているオメガと同じく、正規品であっても平行品であっても同一料金になっています。
デザインは非常にシンプルになっていますので、カジュアルな場面だけではなくフォーマルな場所でもつけることができます。
これから腕時計を購入する計画があるのであれば、上記のようなモデルから選ぶと良いかもしれません。

Copyright (C)2018ひとつは身に付けていたい高級ブランド品.All rights reserved.