ひとつは身に付けていたい高級ブランド品

男性の下着選びでのポイントやおすすめできるブランドをいくつか紹介しています。

男性下着にこだわる

ひとつは身に付けていたい高級ブランド品
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たかがパンツという方もいますが、ブランドものにこだわる方やデザインなどにこだわりを持っている方は少なくありません。
男性の下着には大きく言って4つの種類があるといわれています。
まず挙げられるのがブリーフ、そしてトランクス、ボクサー、ビキニというものがあります。
同じボクサーといわれる下着であっても、股下の浅いローライズなどさまざまなデザインのものがあります。
また素材に関してもコットンのものや、ナイロン製などのハイテク素材が使われているものもあります。
どのようなタイプにするにしても重視したいのが、サイジングだといわれています。
日本人は全体的にゆったりとしたサイズの下着が人気だといわれていますが、やはりフィット感を重視するのであればぴったりしたものを選んだほうが良いといえるでしょう。
またデザインや素材に関してもさまざまな種類がありますので、そのなかから自分にあったものを選ぶことが重要です。
またこの点でおすすめなのが、ブランドものの下着です。
男性下着の有名ブランドというとカルバンクラインをまっさきに挙げる方も多いかもしれませんが、ほかにもさまざまなブランドがあります。
例えば挙げられるのがGrigio Perla(グリジオ・ペルラ)です。
イタリアのランジェリーブランドの最高峰として知られるブランドだけあって、その質感はまさに一流だといわれています。
カラーバリエーションが乏しいこと、そして4000円からというその価格も人によっては敷居が高いと感じるかもしれません。
同じくイタリアブランドで紹介できるのがOROBLU man(オロブル)といわれるブランドになります。
とくにこのブランドで有名なのが、マイクロコットンシリーズといわれるもので、その独特の肌触りは病み付きになるに違いありません。
続いてミラノのコレクションモデルに評判なことから人気に火がついたのがENERGIE(エナジー)というブランドになります。
イタリアンカジュアルブランドというだけあって、かなり目を引くデザインやカラーバリエーションになっており、ひとつ所有しておくというのも良いかもしれません。
やはりブランド下着というとどうしても高価になってしまうのですが、安さで選ぶなら国産ブランドがオススメです。
TOOT(トゥート)は新宿伊勢丹でマイクロボクサーが飛ぶように売れたことでも話題になったブランドですが、デザインや素材にもかなりのこだわりがあり、かなりの方に愛用されているようです。

Copyright (C)2018ひとつは身に付けていたい高級ブランド品.All rights reserved.